横浜に映画ファンの思いが反映される映画館を作ろう!

 横浜キネマ倶楽部は、横浜で永年親しまれてきた映画館の相次ぐ閉館を惜しむ映画ファンが集まり、2005年5月発足し、「横浜に映画ファンの思いが反映される映画館をつくる」ことを目標に掲げて活動を続けています。

 会の存在をより多くの皆様に知っていただき、映画館をつくる目標に一歩でも近づきたい、それと同時に、良質な映画を上映することで、映画ファンの交流の場を提供したい、という思いで年4回の上映会を行っています。

横浜キネマ倶楽部のスタッフ募集中!!

横浜市民とともに14年。映画好きが集まったグループです。
自分が観たい。又、他の人にもこんな良い作品を観て欲しいとできたのが当倶楽部。
是非、仲間になってください。

◎確認事項
 ・スタッフは、全員が無報酬の市民で構成されております。

  活動報酬などはありません。
 ・スタッフの経験、未経験は問いません。

  映画好き、こんな企画がしたいなど提案ある方どうぞ!
 ・例えば、もぎり(チケットの確認)1時間だけ手伝える方でも大歓迎です!

  ご関心のある方は下記までご連絡ください。

           ↓

  yokohama_kinemaclub@yahoo.co.jp

 

2019年

10月

22日

第56回上映会 「寿ドヤ街 生きる2」

第56回上映会 2019年10月22日(火・祝)

かながわ労働プラザ

作品『寿ドヤ街 生きる2』

『寿ドヤ街 生きる2』
©有限会社シネアルファー

1984年 / 日本映画 / モノクロ / 98分 /  DVD上映 

監督/編集:渡辺孝明、撮影:高橋英明、音楽:関口孝 

この映画の舞台となった
寿町で上映会を開催
!!!

講 演:13:10~14:10

テーマ:浮浪者殺傷事件の衝撃と今後の寿地区
登壇者:渡辺孝明監督(本作品監督) 

[日時]2019年10月22日(火・祝)

  上映 1回目  11:30 ~   (11:00開場)

  監 督 講 演    13:10 ~ 14:10

  上映 2回目  14:30 ~   (14:00開場)

     

[会場]かながわ労働プラザ (3階多目的ホール) (ご注意いつもと会場が異なります)
    (根岸線 石川町駅北口から徒歩約3分 根岸線関内駅南口から徒歩13分
     地下鉄 伊勢佐木長者町駅から徒歩14分)
 [入場料]前売1,000円/当日1,300円
       障がい者:1,000円 (介助者1名無料)
 [ゆうちょ振込による前売り購入]
   10
月17日(木)迄、ゆうちょ口座にて前売りを受付いたします。
   前売り料金(1,000円)を以下の口座へご入金ください。
   チケットは、当日受付にてお渡しいたします。
   ゆうちよ銀行総合口座 
    記号 10200 番号 22932931 加入者名:ヨコハマキネマクラブ
[チケットぴあ](Pコード:559-913)
   チケットぴあ 
  「セブン-イレブン」でチケットの発券ができます。
   購入は10月21日(月)迄となります。

Peatix(ピーティックス)]でもチケットが購入できます。

   イベント名:横浜キネマ倶楽部 第56回上映会「寿ドヤ街 生きる2」 
   イベントコード:726652

[プレイガイド]

   有隣堂伊勢佐木町本店      TEL 045-261-1231
   高橋書店(元町)        TEL 045-664-7371
   いづみ書房           TEL 045-241-1104
   シネマジャック&ベティ(黄金町) TEL 045-243-9800
   横浜シネマリン         TEL 045-341-3180
   チケットぴあ ちけっとぽーと横浜店(ポルタ) TEL 03-5561-7714 
[助成横浜市地域文化サポート事業・ヨコハマアートサイト2019
    http://y-artsite.org/index.html
[後援横浜市教育委員会
[協力
横浜社会福祉研究会/横浜市従業員労働組合
[主催問合せ]横浜キネマ倶楽部 080-8118-8502 (10~18時)

【作品紹介】

『どっこい!人間節 寿・自由労働者の街』から6年・・・
『寿ドヤ街 生きる』から3年・・・
35年前の寿町を記録した
幻のドキュメンタリー映画 第2弾!!!
『寿ドヤ街 生きる2』
©有限会社シネアルファー

【解説】

1日の生活を1日契約の労働に賭ける人々。しかし、高度成長は年々減少の一途をたどる。少しでも収入の安定を求め、長期出張(飯場仕事)へ旅立っていく労働者も多い。そんな横浜・寿町の人々の姿を追った「寿ドヤ街 生きる」の続編。1983年の「浮浪者」殺傷事件の衝撃に揺れる寿町の人々が、事件のことを、もう一度見直そうと、自ら事件を再現した芝居で、この映画は始まり、“生きる”というテーマを追いながら、寿町の人々の人生を記録していく。

『寿ドヤ街 生きる2』
©有限会社シネアルファー
第46回上映会「父を探して」チラシ 表

第56回上映会「寿ドヤ街 生きる2」チラシ 表
クリックで拡大します。

第46回上映会「父を探して」チラシ 裏

第56回上映会「寿ドヤ街 生きる2」チラシ 裏
クリックで拡大します。

第56回上映会「寿ドヤ街 生きる2」チラシ
ダウンロードしてご利用ください。
映画『寿ドヤ街生きる2』チラシ.pdf
PDFファイル 2.2 MB

2019年

11月

04日

第57回上映会 「日曜日の子供たち」

第57回上映会 2019年11月4日(月・祝)

横浜市鶴見公会堂

作品『日曜日の子供たち』

『日曜日の子供たち』
©yasuhiro hotta

1980年 / 日本映画 / モノクロ / 103分 /  ブルーレイ上映 

監督・撮影・編集:堀田泰寛

制作:四宮鉄男、三木實、堀田泰寛

音楽構成・ピアノ演奏:宮沢明子

 

映画の舞台・鶴見で40年ぶりに上映!!!

講 演:13:20~14:20

テーマ:レンズを通し見詰めた子供たち
登壇者:堀田泰寛監督(本作品監督) 

[日時]2019年11月4日(月・祝)

  上映 1回目  11:30 ~   (11:00開場)

  監 督 講 演    13:20 ~ 14:20

  上映 2回目  14:40 ~   (14:10開場)     

[会場]横浜市鶴見公会堂 (西友6階) (ご注意:前回と会場が異なります)
  (JR京浜東北線「鶴見駅」西口下車徒歩1分/京浜急行線「京浜鶴見駅」下車徒歩5分)
 [入場料]前売1,000円/当日1,300円
       障がい者:1,000円 (介助者1名無料)
[チケットぴあ](Pコード:550-056)
  「セブン-イレブン」でチケットの発券ができます。
   購入は11月3日(日)迄となります。

Peatix(ピーティックス)]でもチケットが購入できます。

   イベント名:横浜キネマ倶楽部 第57回上映会「日曜日の子供たち」 
   イベントコード:729791

[プレイガイド]

   有隣堂伊勢佐木町本店      TEL 045-261-1231
   高橋書店(元町)        TEL 045-664-7371
   いづみ書房           TEL 045-241-1104
   シネマジャック&ベティ(黄金町) TEL 045-243-9800
   横浜シネマリン         TEL 045-341-3180
   チケットぴあ ちけっとぽーと横浜店(ポルタ) TEL 03-5561-7714 
[助成横浜市地域文化サポート事業・ヨコハマアートサイト2019
    http://y-artsite.org/index.html
[主催問合せ]横浜キネマ倶楽部 080-8118-8502 (10~18時)

【作品紹介】

47年前の日曜日、鶴見区末広町に集う子供たちを記録したドキュメンタリー映画。
『日曜日の子供たち』
©yasuhiro hotta

【作品紹介】

舞台は1970年代の横浜市鶴見区の東京湾に面した空地(現在の『鶴見川河口末広水際線プロムナード』付近)。周囲には工場が立ち並び、時に光化学スモッグが生じ、岸辺に汚れた海水が押し寄せる。そんなことはお構いなく、日曜日になると遊びに来る子供たち。走り、取っ組み合い、海に石を投げ、海を見つめる・・・。そんな子供たちの背後にある何かの予感。映画キャメラマン・堀田泰寛が通い続け、撮り溜めた記録は、8年をかけ、鈍く輝く抒情詩のような映画に結実した。

『日曜日の子供たち』
©yasuhiro hotta

【解説】

この作品は、問題を告発することも、子供の成長を描くこともしない。名も知らぬ多くの子供たちが無心に遊び、ふと佇む姿から「子供」という存在のありようが生き生きと浮かび上がる。それは、観る者に自分の子供時代も含めて様々に思いを巡らす、稀有な映画体験をもたらす。子供が子供らしくいられる環境を守れているのか?堀田泰寛の眼差しは今も私たちに問いかけている。

 

この映画の音楽を担当したピアニストの宮沢明子さんが、本年4月23日に亡くなられました。素晴らしい演奏で、映画の子供たちに命を吹き込んでくれたことに感謝し、謹んで哀悼の意を表します。(堀田泰寛)

 

第46回上映会「父を探して」チラシ 表

第57回上映会「日曜日の子供たち」チラシ 表
クリックで拡大します。

第46回上映会「父を探して」チラシ 裏

第57回上映会「日曜日の子供たち」チラシ 裏
クリックで拡大します。

第57回上映会「日曜日の子供たち」チラシ
ダウンロードしてご利用ください。
『日曜日の子供たち』チラシ.pdf
PDFファイル 2.3 MB
9月7日 第55回上映会『寿ドヤ街 生きるは、無事終了しました。ありがとうございました。
今後の予定 準備中の上映会等
決定次第、掲載致します。