横浜に映画ファンの思いが反映される映画館を作ろう!

 横浜キネマ倶楽部は、横浜で永年親しまれてきた映画館の相次ぐ閉館を惜しむ映画ファンが集まり、2005年5月発足し、「横浜に映画ファンの思いが反映される映画館をつくる」ことを目標に掲げて活動を続けています。

 会の存在をより多くの皆様に知っていただき、映画館をつくる目標に一歩でも近づきたい、それと同時に、良質な映画を上映することで、映画ファンの交流の場を提供したい、という思いで年4回の上映会を行っています。

横浜キネマ倶楽部のスタッフ募集中!!

横浜市民とともに11年。映画好きが集まったグループです。
自分が観たい。又、他の人にもこんな良い作品を観て欲しいとできたのが当倶楽部。
是非、仲間になってください。

◎確認事項
 ・スタッフは、全員が無報酬の市民で構成されております。

  活動報酬などはありません。
 ・スタッフの経験、未経験は問いません。

  映画好き、こんな企画がしたいなど提案ある方どうぞ!
 ・例えば、もぎり(チケットの確認)1時間だけ手伝える方でも大歓迎です!

  ご関心のある方は下記までご連絡ください。

           ↓

  yokohama_kinemaclub@yahoo.co.jp

 

2017年

3月

04日

第45回上映会 「袴田巖 夢の間の世の中」

第45回上映会 2017年3月4日(土)

横浜市神奈川公会堂 作品『袴田巖 夢の間の世の中』

横浜初上映 !!

袴田 巖

「夢の間の世の中」
© Kimoon Film 映画「袴田巌」プロジェクト

2016年 / 日本 / カラー / 119分 / ブルーレイ上映

 

音楽  谷川賢作

 

プロデューサー  陣内直行

撮影  池田俊己

監督  金聖雄  

[日時]2017年3月4日(土)

  上映 1回目       11:00 ~      (10:30開場)
  講演 陣内直行氏  13:10  14:00 (12:40開場)
    (プロデューサー)
  上映 2回目       14:10 ~      (13:40開場)
  * 映画上映前に金聖雄監督のメッセージビデオを上映します。
   
[会場]横浜市神奈川公会堂 
    (JR東神奈川・京急仲木戸下車 徒歩4分、東急東横線東白楽下車 徒歩5分)
 
[入場料]前売1,000円/当日1,300円
       障がい者:1,000円 (介助者1名無料)

[ゆうちょ振込による前売り購入]
   3月2日(木)迄、ゆうちょ口座にて前売りを受付いたします。

   前売り料金(1,000円)を以下の口座へご入金ください。
   チケットは、当日受付にてお渡しいたします。
   ゆうちよ銀行総合口座  記号 10200 番号 22932931
              加入者名:ヨコハマキネマクラブ
 
[チケットぴあ](Pコード:556-408)
   チケットぴあ 
  「セブン-イレブン」「サークルK・サンクス」でチケットの発券ができます。

 

Peatix(ピーティックス)でもチケットが購入できます

   イベント名:横浜キネマ倶楽部 第45回上映会「夢の間の世の中」 
   イベントコード:225066

 

[プレイガイド](準備中)
   有隣堂伊勢佐木町本店      TEL 045-261-1231
   高橋書店(元町)        TEL 045-664-7371
   いづみ書房           TEL 045-241-1104
   シネマジャック&ベティ(黄金町) TEL 045-243-9800
   横浜シネマリン         TEL 045-341-3180
   チケットぴあ ちけっとぽーと横浜店(ポルタ) TEL 03-5561-7714
 
[後援]横浜市教育委員会
    国民救援会神奈川県本部
 
[主催問合せ]横浜キネマ倶楽部 080-8118-8502 (10~18時)

【作品紹介】


さて、私も冤罪なれど死刑囚
© Kimoon Film 映画「袴田巌」プロジェクト
© Kimoon Film 映画「袴田巌」プロジェクト

私が長い獄中生活で学ばざるを得なかった「自由」というものは、このような痛烈な無念さと一種の眩しさをもっている。
私はあらためて自らに質問しつづけている。
お前は罪のない身でありながら、いつになったら自由を取り戻せるのか。
        (獄中日記より)
© Kimoon Film 映画「袴田巌」プロジェクト
© Kimoon Film 映画「袴田巌」プロジェクト

【袴田事件とは】

1966年6月30日未明、静岡県の味噌会社で専務一家4人が殺され、放火された事件。

犯人にでっち上げられた元プロボクサーの袴田巖さんは、裁判で一貫して無実を訴えたが、1980年に死刑が確定。その後再審を求め闘い続けようやく2014年3月27日、静岡地裁で再審開始が決定された。「証拠はねつ造」「これ以上の拘留は正義に反する」と48年ぶりに釈放。

しかし検察庁が即時抗告したため、袴田さんは今も死刑囚のままである。


 

巖のあるがままの姿を見て欲しい。(姉:袴田秀子)

© Kimoon Film 映画「袴田巌」プロジェクト
© Kimoon Film 映画「袴田巌」プロジェクト
第38回上映会「標的の村」チラシ(表)

第45回上映会「袴田巖_夢の間の世の中」チラシ(表)

第38回上映会「標的の村」チラシ(表)

第45回上映会「袴田巖_夢の間の世の中」チラシ(裏)

第45回上映会「袴田巖_夢の間の世の中」チラシ
ダウンロードしてご利用ください。
映画『袴田巖 夢の間の世の中』チラシ_20161206.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.9 MB
11月5日 特別上映会『手のひらを太陽に』は、
無事終了しました