2014年

10月

13日

第4回 特別上映会『息子』

 第4回 特別上映会 2014年10月13日(月・祝) 横浜市西公会堂
  作品 『息子』

 

本当の幸福とは何か


 これほどまでに 


   優しく深い愛

息子
©1991松竹株式会社

日本語字幕付き上映会

山田洋次監督   

椎名誠原作「倉庫作業員」(文藝春秋刊「ハマボウフウの花や風」より) 

1991年 / 日本 /121分 / 配給:松竹 / 35mm /カラ ー / 脚本:山田洋次、朝間義隆 / 撮影:高羽哲夫  

出演:三國連太郎 永瀬正敏 和久井映見 原田美枝子 いかりや長介 田中邦衛


第65回キネマ旬報 日本映画ベストワン、第15回日本アカデミー賞 最優秀作品賞、第46回毎日映画コンクール 日本映画大賞、第16回報知映画賞 作品賞、第15回山路ふみ子映画賞 福祉賞、第4回日刊スポーツ映画大賞 作品賞、第1回日本映画批評家大賞 作品賞

写真1
©1991松竹株式会社

[日時]2014年10月13日(月・祝)

  1回目上映 11:00~13:01 (10:30開場)
  本作手話コーディネーター 妹尾映美子さん講演会 13:05~13:50(手話付講演)
  2回目上映 14:00~16:01 (12:45開場) 
 
[会場]横浜市西公会堂
    (横浜駅西口徒歩10分/相鉄線平沼橋駅徒歩8分/岡野町バス停5分)
 
[入場料]999円
       横浜キネマ倶楽部会員:500円/賛助会員:999円

[ゆうちょ振込による購入]
   10月11日(土)迄に、以下の口座へご入金いただければ、
   チケットを、当日受付にてお渡しいたします。
   ゆうちよ銀行総合口座  記号 10200 番号 22932931
              加入者名:ヨコハマキネマクラブ
 
[チケットぴあ](Pコード:553-507)
   発売中(セブン-イレブン、サークルK・サンクスで発券ができます)
   ~2014年10月10(金) 23時59分迄 
 
[プレイガイド]発売中
   有隣堂伊勢佐木町本店  TEL 045-261-1231
   高橋書店(元町)    TEL 045-664-7371
   シネマジャック&ベティ TEL 045-243-9800
 
[主催・問合せ]横浜キネマ倶楽部 080-8118-8502 (10~22時)
[共催・問合せ]一般社団法人横浜市聴覚障害者協会 FAX 045-475-2112
 
[後援]横浜市教育委員会
写真2
©1991松竹株式会社

【解説】

『家族』『故郷』『幸福の黄色いハンカチ』そして、国民的映画と呼ばれる『男はつらいよ  シリーズ』を作り続けた山田洋次が描き出す、もうひとつの、情感溢れる魅惑的な世界。 

男親と息子との、どこか悲しいまでのギクシャクした関係。息子の自立は父親にとっては裏切りともなり、時としてはその若さへの理由のない嫉妬ともなる。息子の父親に対する反発、拒否、抵抗。そしていつかお互いに人間として認め合い、理解し合う時を憧れのように待ち望みながら、それが得られないのは、父と息子の宿命なのであろうか。 

写真3
©1991松竹株式会社

人と人とがぶつかり合う力強さの中で、そして透明感に満ちたやさしさの中で、映画『息子』は、反発し合う父と息子が、やがて互いを認め合い、擦り合わ

せていくまでを描いた感動の名篇である。 

原作は椎名誠の「倉庫作業員」。映画は三章から構成されており、第二章の

<息子の恋>が原作に当たる。この章で息子の哲夫は、下町の工場で働く可憐な聾唖者の娘に恋をする。第一章と第三章を山田洋次が肉付けし、父と息子という関係を見事に浮き彫りにした。また、ロケーション撮影は、岩手と東京で長期にわたって行われた。移り変わる北国の四季の詩情と、無機的な東京の都会の風景の対比をうまく折り込んで、素晴らしい効果を上げている。  

特別上映会「息子」チラシ(表)

特別上映会「息子」チラシ(裏)

特別上映会『息子』チラシ
ダウンロードしてご利用ください。
映画『息子』チラシ (表)(裏)_20140911版.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.1 MB
横浜キネマ倶楽部特別上映会会報20141013
横浜キネマ倶楽部 2014年10月13日 特別上映会 『息子』
会報
特別上映会10月-all_1025.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.2 MB